梅田スカイビル空中庭園展望台からの夜景

大阪、梅田スカイビルの空中庭園展望台から眺めた夜景を捕えたものです。夜景は絶景でした。
画像をクリックすると次に進みます。

12月初旬。ぼちぼち寒くなってくる中、初めて空中庭園展望台に行きました。そして眼下に広がるのは、「これぞまさしく百万ドルの夜景だ!!」
と叫びたくなるような、本当に素晴らしい夜景でした。デジカメを夜景撮影バージョンにして撮ったのがこの画像。まるで半分は
絵の世界のような、何ともドラマチックで、神秘的にさえ思える風景です。こちらは南向きなので、北風もスカイビル自体に遮られて、比較的
寒くはないほうでした。画面左方、屋根が曲線がかっている高い建物が、ザ・リッツ・カールトン大阪ですね。こうして見ても、ルーフが
個性的で目立ちます。その手前はホテルモントレで、前方には限りなく、大都会大阪の街灯が・・・・・。地平線方向にはミナミを望みます。






上とほぼ同じショットですが、若干カメラの向きを左下にずらしています。そのため、スカイビルのすぐ前にある、一番手前の
建物も見えます。高速道路上に延びる車の走行ラインも美しいです。こんな雄大な夜景を独り占め出来るなんて、この時の私は
ぜいたくな気分でしたね。上の画像より若干時間を置いて撮った事は、空に浮かぶ雲の形の違いからも分かると思います。
なお、この画像は2008年6月より、『【楽天市場】キタ・新大阪・京橋』のサイトの、タイトルロゴ背景として使用されています。
楽天の方より依頼を頂き、こちらも有難く承諾しました。大手のポータルサイトで、この様に活用して頂けるのは光栄ですね。






こちらは東方向です。夜景撮影バージョンにせずに、通常撮影バージョンで撮ったために、空はかなり暗く写っています。こちらのほうが、
より肉眼で見た状況に近いですね。右手前にある大きなビルは、ヨドバシカメラです。そして右下に一部写るのが、JR大阪駅ですね。
ヨドバシの向こうに、赤くて細長い円形のような物が写っているのがお分かりでしょうか?これがヘップファイブの観覧車です。こちらは、
真南を向いていた上の画像の位置と比べると、かなり風が当たって寒かったです。この時、多数来ていたカップルも、この辺りではお互い
「寒いね。」と言っているのが、よく聞こえてきました。手がかじかんで、撮影も少ししにくかったですが、夏に来たら、さぞ気持ちいいでしょうね。



ここまで、撮影は2006年12月3日。





約1年ぶりの、追加画像第一弾は、淀川〜北方面の眺めです。こうして見ると、淀川もなかなか壮大な、『都会の大河』のように
見えるものですね。そして川をまたぐ橋も、左右両端に見えますが、左端に写るのは十三大橋、阪急電車の線路も何とか見えます。
そして右端の橋は新御堂筋で、地下鉄御堂筋線も走っています。橋を渡った向こう側には、西中島南方(および阪急南方)駅が
あります。淀川区の街を一望していますね。さて、上空の右方向に、何か白い線か、太い糸にも見える物が写っていますが、
これは飛行機です。夜景を眺めている間、本当にひっきりなしに飛行機が通過して行きました。間もなく大阪空港に着陸する
ところなので、どんどん位置は低くなり、最後は住宅地の中に沈み込んでいくように見えなくなりましたが、大阪空港の滑走路も
ほんの僅かだけですが、肉眼で確認出来ました。素晴らしい視界の広さですね。






これは上の画像より、もう少し右方向を撮影したものです。先ほど右端ギリギリに写っていた新御堂筋が、この画像ではかなり
内側(左側)に写っています。暗くてよく見えないのですが、新御堂筋のすぐ右手にはJR東海道線の橋も架かっており、一番右には
長柄橋も見えます。淡路から吹田市・摂津市方面が望めますね。この画像撮影中、またも飛行機が横切りました。上空に写る、
赤っぽい線がそれで、こうして見ると、何だかUFOのように見えちゃったりもしますね(笑)。






これは2枚上とほとんど同じアングルですが、今一度、上空の飛行機にご注目。この画像でも、何やら超低空飛行中の円盤みたいに
見えます。本当にこうして見ると、街の中へ堂々と着陸しているのですね。前方には豊中市と吹田市が一望出来ます。






こちらは西方向になります。流れている川は、これも淀川ですね。大阪湾方向を見ています。橋が5本架かっているのが
見えますが、手前から順に、阪神高速11号線、片町線、阪神高速3号線、国道43号線、阪神高速5号線となります。
一番手前の橋では、JR東海道線(神戸線)も通っており、橋を渡ったところが塚本駅となります。
川の左側(少ししか見えませんが)は此花区、右側は西淀川区です。






上の画像を、少し右にカメラをずらして撮影したものです。眼下には西淀川区と、尼崎市です。天気が好かったので、
向こうに摩耶山も望む事が出来ます。湾と山のコントラストですね。ところで、この画像の上空に、実は僅かながら飛行機が
写っているのが、お分かりでしょうか?さすがにちょっと分からないでしょうねぇ。画面上から4.8cm、左から2.7cmあたりです。






こちらは東方向で、ちょうど右手前にヨドバシカメラが、その向こうにヘプファイブの観覧車が見えます。そう言えば、あの観覧車にも
もう何年も乗っていませんね。この1年で、夜景を眺めるために、ここ、梅田スカイビル屋上には再三来ましたけど、観覧車にも
久しぶりに乗ってみたいと思います。向かって右手前、JR大阪駅ビルと梅田阪急百貨店は、ともに建て替え工事中。全て完成した日
には、どんな風景になっているのでしょうか?左手前には梅田LOFTが、そして正面には生駒山も望めます。






これは南方向を撮影したもので、夜景の各方角の中でも、最も『都会らしい』満足な夜景を眺められそうな方向です。
このページの1番上
上から2枚目でも、前年に撮影した同じショットの画像を掲載しております。前年の時よりも早い
時間帯に撮影し、また前年は日曜日だったのに対してこの日は平日だったため、ビル内の照明は、圧倒的に多く
点いていますね。その分、ボリュームが増しています。






上の画像より、少し右方向を撮影しました。画面右に、上の画像では写っていなかった、背の高いビルが写っています。
ローレルタワーサンクタス梅田でしょうかね。それにしても、地平線まで限りなく続く『大都会平野』の、美しいことよ・・・・・!



ここまで、撮影は2008年11月4日





さて、こちらの画像は、先ほども登場してきた、ヨドバシカメラやヘップファイブを眺める夜景です。これは08年7月に撮影した1枚
なのですが、こちらの画像と比較してみて下さい。ほぼ同じアングルですが、この画像ではヨドバシのビルの全体がきれいに
収まっており、手前の道もよく見えます。また右方向を見ると、半円を模ったウインドアートや、エレベーターがカラフルな光線を放つ、
ホテルグランヴィア大阪も、手前に遮る物無く写っています。画像を見比べてみて、この位置の柵の高さが変わった事が分かり
ました。つまり、これと同じショットは、もう撮れなくなってしまったのですね。残念!






一番上の画像に戻ります。
夜景のページ、最後は再び、西方向です。阪神高速線や国道43号線が見える方向ですね。随分暗いと思われるでしょうが、
この画像は夜景バージョンにせずに撮影しました。何故かというと、この画像も今年7月撮影ですが、この日は曇っており、
夜景バージョンで明るくすると、白っぽくなり過ぎるというのが一つ。そしてもう一つは、画面中央、上端をご覧下さい。ギリギリですが、
月が写っていますね。そう、月とのコントラストを、撮ってみたかったのです。ちょうど月の周りは晴れ間がありました。半月ですね。



この2枚、撮影は2008年7月8日


梅田スカイビルを歩いてみる




近場で外出、イベント等の思い出へ 旅行記・乗り歩きの部屋へ