ひとくちメモ:ノンステップバスを利用するには


現在、日本の街にもノンステップバスが増えてきました。
当サイト管理人も、バリアフリーチェックの一つとして、ノンステップバスの状況には常に関心を示しております。
サイト開設以降、何人かの方(車いす使用)から、「○○から××へ行くノンステップバスは何時頃走っているか分かりますか?」といったご質問もいただきました。
そこで、このページでは、大変簡単ながら、ノンステップバスを利用するための方法を申し上げたいと思います。

バス会社によって、バス停の時刻表に、『この便はノンステップバスが来ます』という表示がされているところと、されていないところがあります。
表示がされている場合は、時刻表を見ればひと目でわかるのですが、されていない場合(管理人の地元を走る阪急バスもそのひとつ)は、時刻表を見ていても何もわかりません。

通常、時刻表に表示がない場合は、乗る前にバス会社の営業所に問い合わせます。そしてバス会社の人に、「私は電動車いすに乗っている者ですが、○日の、○時○分どこそこ行きのバスに乗りたいので、ノンステップバスを用意して下さい。」と言うのです。そしたら、バス会社のほうで、極力その便をノンステップバスにするよう、手配をすると思います。
乗りたいバスの時刻や路線などは、最近ではホームページを持っているバス事業者も多いので、ホームページから調べることも可能かと思われます。

ちなみに、管理人の生活圏を走る阪急バスの場合は、公式ホームページの、トップページ画面上の「路線バス」または「路線バス時刻表」のところをクリックすると、『停留所名から選択』・『路線図から選択』という表示が出てきます。
そこをクリックしますと、各停留所の時刻や各ブロックの路線を、すぐに見ることが出来ます。

そして、実際にノンステップバスに乗るときですが、実は運転士によっては、バスに乗り降りする際のスロープや渡し板の扱い方、さらには車内の座席の収納のしかたなどを知らない人もいます。
本来、あってはならないことなのですが、残念ながら、運転士から渡し板の取り付け方をきかれたとか、(車内における)渡し板の収納場所がわからないと言われたという報告を、管理人自身も度々受けたことがあります。これについては、一刻も早く改善を求めたいところですが、ノンステップバスの普及とともに、このようなトラブルも解決されるのでは?と期待しています。く使い方を知らないが故に、車いすの人の乗車に難色を示す運転士がいるという話も聞いたことがあり、まことに残念な限りですが、研修の徹底を切に望みたいですね。


ところで、時刻表にノンステップバスの来る時刻が書かれていない理由なのですが、車両のローテーション上、使用車両を固定させるのが難しいとのと、予備のノンステップバスが無い場合、いつも運行されているノンステップバスが車検などで使用できない場合、時刻表の表示に偽って、従来のバスを走らせなくてはならなくなるからということです。
もともとノンステップバスが走り始めた頃(1998〜99年)は、阪急バスの各停留所にも、ノンステップバスの来る便が表示されていました。しかし上記のような理由により、その後、表示が廃止されています。

管理人が日頃バスをチェックしている限り、今でもある程度固定された便に、ノンステップバスが充てられているように思います。また、近年ノンステップバスの割合も大幅に増え、2〜3台に1台はノンステップバスという状況も、珍しくはなくなっています。しかしながら、正確な運行情報を把握するのは難しく、また定期的に車両ローテーションも変更があって(人間で言えば人事異動)、昨日まで毎日ノンステップバスが来ていた便に、今日からはワンステップバスが来るようになったということもあると思われます。
従って、それなりに“流動的に”なってしまうノンステップバスの運行および台数の状況を、固定された確実な情報、という形で提供するのは難しく、このような形での案内となりました。

物足りない情報提供ではありましょうが、悪しからずご了承の上、どうしても「この時刻のここ行きのバスに乗りたい」という場合は、念のため直接バス会社へお問い合わせ下さるよう、お願いします。

本日もトコトコ日記をご覧いただき、ありがとうございます。

乗り物車両編へ