思い返せば、常にほかにも可愛がっている犬がいて、どこか『2番手』になってしまっていた感がある、クルコ。でも、決して忘れていないよ。

画像をクリックすると次に進みます。












1983年9月撮影。この時、子宮膿瘍からの回復期だった。