中国、杭州・蘇州旅行 撮影:1987年3月25日〜27日



中国南東部、浙江省にある杭州と、その北隣、江蘇省にある蘇州に旅行に行った時の写真です。中学1年〜2年の間の春休みに行きました。
写真はこうして何枚か残っているものの、一体どこを撮影したものなのか、年月が経ち過ぎて分からないのが難点です・・・・・(笑&詫)。
この写真は恐らく西湖だと思われます。杭州の観光ガイドには必ず載っている、有名な湖です。中国の十大美景の一つにも数えられています。
遊覧用のボートや小型船が写っているのが見えますが、私自身、この写真の撮影時、遊覧ボートに乗っていた可能性もあります。ただ、ちょっと記憶が定かではないのですけど・・・・・。




次の写真へ
杭州市内の街並みです。何ともくすんだ色調の、かつ時代を感じさせる風景だと思います。
本当に全体が基本的に同じ色で、しかも実に『砂漠っぽい』ですね。
中国は、確かに北京など、北の方は特に砂色っぽい景色をしているのですが、南の方はその点、まだ空気もきれいで、緑も多いという印象でした。しかしこの写真をを見ると、南の方でもそれなりに砂色系の景色はあると感じさせられますね。
古風な建物が続いていますが、恐らく今の時点では、この景色もガラリと変わっていることでしょう。


次の写真へ
この1枚も、上の写真とほぼ同じ場所で撮影したのではないかと思われます。夕暮れ近い時刻のように見えますね。
それにしても、本当に砂模様のような色の、そして閑散とした光景です。


次の写真へ
こちらは蘇州です。蘇州は大変きれいな、可愛らしい雰囲気の街で、通りに面した家々の格好も普段北京で見慣れているものとは大分趣きが違うものでした。何というか、西洋チックな感じ。そして色彩的にも明るいもので、『南の地』だなぁと実感させられるものでした。
さて、この写真は、ある庭園の中で写した一枚です。蘇州には、拙政園(せっせいえん)、留園、怡園(いえん)といった有名な庭園がありますが、これは恐らく拙政園ではないのかなと思います。


次の写真へ
中国大陸を縦横に走る鉄道です。これは、蘇州市内を車で移動中に撮ったのだと思います。先頭で牽引している車両は蒸気機関車、つまりSLですね。現在では恐らく中国からもSLは消えたのではないかと思いますが、この頃はまだまだ主役でした。中学1年の修学旅行で西安から北京まで汽車に乗った時は、SLが三重連になっていたこともあります。


次の写真(3枚)へ






この3枚は、いずれも蘇州の田園地帯です。田舎らしいのどかな風景。そして南の土地らしく、どこか開放的暖かく、また空気も緑によく映えているように思います。蘇州には、道に面して色とりどりの花もあり、非常に彩り豊かな街でした。
それにしても、こうして見ても、中国は国土が広大で、平地面積も広いのだなあと感じます。






一番上の写真へ






家族・団体旅行 目次へ 旅行記・乗り歩きの部屋へ