豊中市永楽荘四丁目にあった田園地帯

豊中市と箕面市の境目付近、かつて自衛隊豊中駐屯地があった付近が、永楽荘四丁目です。すっかり田んぼが無くなって久しい、近年のこの地区に於いて、ひっそりと残っている田んぼが1ヶ所ありました。
駐車場を挟んでバス通りに面している格好で位置しており、私も最初、バスの窓から一瞬視界に入る形で発見しました。「あれ?こんなとこに、まだ田んぼ残っていたのか」・・・・・。
実際にその場に立ってみると、そこそこの広さの田んぼでした。そして、バス通りを挟んで斜向かいには、田んぼではないですが、小さな木が植わっている、ミニ植林地帯のような場所もありました(これは以前より気付いていました)。
「いつまでもこのまま有るとは限らない」と思いながら、画像を撮影してから2年半、現在はどちらの場所もマンションが建ち、以下の画像の風景は過去のものとなってしまいました。

 田んぼ全景。南方向を撮影。画面左上の駐車場の向こう側が、バス通りである箕面街道(旧豊中亀岡線)です。
撮影:2013年8月1日
 
撮影:同上
 こちらは北方向を向いて撮影したもの。ローアングルで撮影しました。正面にマンションが見えますが、同じぐらいの高さのマンションがこの田んぼの位置に建っており、現在、同じ眺めを撮ることは出来ません。

撮影:同上
 田んぼ南側の道から。細いあぜ道を通って田んぼに行く格好でした。こうした風景も、今では懐かしいものに・・・・・。

撮影:同上
 こちらはバス通りを挟んで向かい側、春日町五丁目に有った、ミニ植林地帯です。上の画像の田んぼと同時にここも掘り返され、マンションと化しました。

撮影:同上
 
撮影:同上
 
撮影:同上






いまをとどめる 目次へ 旅行記・乗り歩きの部屋へ